アクション

忍びの国 映画は大野くんのアクション必見!

忍びの国 映画

忍びの国を見てきました。さすが大野くん主演だけあって、普通の映画ではなくちょっと個性的で大野くんらしい内容でした。物語自体もわかりやすくあっという間の2時間でした!!

忍びの国 映画

忍びの国 あらすじは?

「伊賀の国」がある頃、織田信長が、着実にそして確実に支配下を広げていました。

その織田信長は、”伊賀国”だけは虎狼族ということで嫌煙していた。その伊賀国に住んでいる無門(大野智)。その無門をはじめ、伊賀の国の人はみんな人の死なんて虫ケラぐらいしか感じていない。まさに動物的な感情しか持ちあわせていない。
ではどうして戦うのか?!それは、”金”のため。戦いで死んでしまうのはその人が弱いから仕方がない。

そんな人間らしい感情なんて一切持ちあわせていない無門でしたが、ある人に一目惚れしてしまいます。その相手がお国(石原さとみ)。

美貌と芯の強さを兼ね備えているお国に頭が上がらない無門。

2人の恋はうまくいくのか?!そして、無門たちが、織田勢と戦うことになってしまうが、勝つことはできるのか?!

アクションシーンはもちろん裏の裏のストーリーまで楽しめる映画です。

忍びの国 キャストは?

この忍びの国では、大野くんをはじめ豪華キャストでもかなり話題になりました。

無門:大野智さん

確かにこの役大野智さん以外に誰ができるんだろうか?!

飄々としていて、全然弱さを見せない。人間らしさがなく、でも見ていて愛しいとも思える演技。さすがです。大野くん。今回はアクションもかなり充実していてそつなくこなせている大野くんの演技は圧巻でした。

お国:石原さとみさん

美しく、とても芯が強いお国には石原さとみさん。
北川景子さんもなんだかいいかなあと思いながら見ましたが、時代劇になるとやはりちょっと違和感を感じてしまうかも。

石原さとみさんの最後の最後の演技が泣けました。

下山平兵衛:鈴木亮平さん

伊賀国の中では唯一人間らしい感情がある下山平兵衛役には鈴木亮平さん。やはり武士の役は、とても似合います。

そのほかにも、忍びの国での主要キャスティングはこちら。

織田信雄:知念侑李さん
長野左京亮:マキタスポーツさん
北畠凛:平祐奈さん
下山次郎兵衛:満島真之介さん
下山甲斐:でんでんさん
音羽の半六:きたろうさん
百地三太夫:立川談春さん
北畠具教:國村隼さん
大膳:伊勢谷友介さん

見ていて本当にキャストがとにかく豪華だなぁとつくづく感じました。

主演が大野くんで、ジャニーズつながりで知念侑希さんも出ていたので、「ジャニーズきたー!」と思ったら、実力派俳優鈴木亮平さんや、伊勢谷友介さんあたりががっちりとポイントを押さえてる。さらには、でんでんさんやきたろうさんたちが一番いい役演じてる。

その個性豊かな俳優さんがそれぞれにキラリと個性豊かな演技をされていてそれを見ているだけでも楽しく、見ごたえたっぷりでした。

忍びの国 内容

一言で言うと、この忍びの国は、シリアスな映画をとってもポップタッチにもっていった展開になっています。決して悲しみでは終わらない…そんな映画。

これきっと大野智さんだからできたんだろうなと思います。とにかく飄々となんでもこなしてしまう大野さんのアクションシーンは必見です。

よくこんなことできるなぁと思った箇所もたくさんあります。まさに大野智さんって「超人!」と言っても過言ではないです。

また、物語自体は、ポップなタッチのせいか、人がバッタバタ死んでいくのですが、なぜか全然怖くないし、悲しくない。映画の撮り方次第でこんなにも受け手の感じ方が違うんだなぁと勉強になりました。

ちなみに、一番見て欲しいのは大野智さん演じる無門と、鈴木亮平さん演じる平兵衛の決闘シーン。もうむちゃくちゃかっこいい!まさにこれこそアクションです。(ちょっと興奮気味)

むちゃくちゃアクションって全然意味がわからないけども、実際素人の私が見てもこ、これは、絶対撮影大変だっただろうなぁと鳥肌が立つぐらい精巧な撮影で、繊細な戦いで、迫力と気迫がグイグイせまってきてすごかったですよ。

忍びの国 感想

忍びの国 動画

忍びの国動画はどこかな?と思って調べたところ今の所有名なものであればTSUTAYAですね。
>>TSUTAYAディスカスは30日間無料です

おなじみTSUTAYAのサービスですが、無料で30日もお試しできるのでとりあえずじっくり試してみたいと言う人にはお得なサービスです。
その無料期間中にぜひとも忍びの国を堪能してもらいたいです。