ミュージカル

美女と野獣 動画

美女と野獣 映画
美女と野獣

いよいよネットでも動画配信されました「美女と野獣」

ミュージカルもアニメも全部観たけど、この実写版の「美女と野獣」が一番よかった!
そんな「美女と野獣」の動画がポイントを使えばすぐに無料で見れますよー♪

その動画サイトをさっそく紹介します。

TSUTAYA

大手ビデオレンタルのTSUTAYAが提供するサービス。

30日間の無料お試し期間があります。
その間は、月額2,417円のサービス(オンライン見放題&借り放題)がお試しできます。

無料期間が終わった後は、「動画見放題 & 定額レンタル8」「動画見放題」「定額レンタル8」の3つの中から選ぶことができますが、30日以内に解約すれば一切料金はかかりません

U-NEXT

新作が充実しているだけでなく、アダルト系の動画もかなり充実しています。

31日間の無料体験期間があります。また無料体験期間も、600ポイントついてくるので、必ず新作1本観ることができます。

美女と野獣 映画

この美女と野獣は公開された日に映画を見にいきましたが、子供だけでなく大人にもおすすめできます。その理由を3つのポイントにしぼって書いていきます。

美女と野獣 実写版をおすすめする3つの理由

ディズニーの中でも、人気の高い美女と野獣。
人気が高いだけあって、アニメだけでなく今回の美女と野獣の映画の実写化も実は2回目なんです。

また、ミュージカルもいろんなところで公演されています。

私自身もいろんなバージョンの美女と野獣を見ましたが、正直今回のエマ・ワトソンがベルを演じた今回の美女と野獣の実写版が一番よかったです。

エマ・ワトソンが抜群にかわいい

ベルを演じたエマ・ワトソンの存在感とかわいさに最初から最後までロックオン!

ディズニーのヒロイン役はどの子もちょっと気が強くて、勇気があって、品がある。
今回ベルを演じたエマ・ワトソンもまさにヒロインそのものになりきっていて、アニメで見ていたのとは全然顔のタイプが違うのに全く違和感を感じない。

まさにベルそのものもでした。

そしてエマ・ワトソンのお姫様姿は破壊級のかわいさ。

黄色いドレスも、青いドレスも見事に着こなしています。
特に野獣と優雅にダンスをしているシーンは必見です。

ストーリーの中に強いメッセージを感じる

ディズニーの映画はどれも物語の中にそれぞれ強いメッセージが入っていて、見ているこちらもそれを強く感じます。

ただのおもしろい!というだけでは終わらないところがディズニー映画がずっと愛されている理由なんでしょうね。

観ているだけでおもしろいのに、さらにメッセージが伝わってきてとても元気になります。

歌がきれいすぎて涙が自然と出てくる

ミュージカル映画だけあって歌がとにかく素晴らしい。

アニメがなんども観ているのでどの歌も知っているはずなのに人が動きながらだとまた新鮮に感じます。
そして、気持ちが伝わってくるので心に響いて自然と涙が出てくる。

この美女と野獣にはミュージカル映画の集大成が詰まっているんだと改めて思いました。

この美女と野獣は、子供だけでなく、大人も十分に楽しめますよ。
最後に、美女と野獣の映画キャストや、歌われた歌を紹介していきます。

美女と野獣 映画 キャスト

ベル – エマ・ワトソン
野獣 – ダン・スティーヴンス
ガストン – ルーク・エヴァンズ
ポット夫人 – エマ・トンプソン
モーリス – ケヴィン・クライン
ル・フウ – ジョシュ・ギャッド
コグスワース- イアン・マッケラン
チップ – ネーサン・マック
ルミエール – ユアン・マクレガー
マダム・ド・ガルドローブ- オードラ・マクドナルド
プリュメット – ググ・バサ=ロー

ベル役のエマ・ワトソンがかわいさと、きれいさを兼ね備えた少女と大人の魅力全開。はまってました。

エマ・ワトソンもう、ベルにしか見えない。

さらに、野獣役のメイクが野獣にしか見えない。すごい完全野獣のメイクは相当大変だったんだろうな。

そして、ガストン役のルーク・エヴァンズ。嫌味すぎて、自意識過剰気味で、好き。

これだけわかりやすい役って見ていて気持ちいい。

アニメだとなんだか実感がわかないけど実写版にすると人間味がぐっとでてきて、面白いもんですね。

美女と野獣 映画 吹き替えもすごい!

ベル – エマ・ワトソン/昆夏美(こんなつみ)さん
野獣 – ダン・スティーヴンス/山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)さん
ガストン – ルーク・エヴァンズ/吉原光夫(よしはら みつお)さん
ポット夫人 – エマ・トンプソン/岩崎宏美(いわさきひろみ)さん
モーリス – ケヴィン・クライン/村井國夫(むらいくにお)さん
ル・フウ – ジョシュ・ギャッド/藤井隆(ふじいたかし)さん
コグスワース- イアン・マッケラン/小倉久寛(おぐら ひさひろ)さん
チップ – ネーサン・マック/池田優斗(いけだゆうと)さん
ルミエール – ユアン・マクレガー/成河(そんは)さん
マダム・ド・ガルドローブ- オードラ・マクドナルド/濱田めぐみ(はまだめぐみ)さん
プリュメット – ググ・バサ=ロー/島田歌穂(しまだ かほ)さん

豪華!豪華すぎる!!

今のミュージカル界を背負う顔ぶれで、全然美女と野獣の世界観をこわしてない。

まず昆夏美さんの声が美声すぎる。まさにお姫様の声。

そして、安倍なつみさんの旦那さんでもある山崎育三郎さんが、バリトンボイスにおののく。

重厚感にうっとり。男性の声でこんなにうっとりしたことはあっただろうか?!

山崎育三郎さん自身も俳優業として、最近メキメキとテレビ出演が多くなってきたので、個人的に彼は、第二の市村正親さんになるのではないだろうか?!つまり、テレビでもミュージカルでも活躍されるのではないか?!)と睨んでます。

 

さらにそっといた藤井隆さん。芸人さんでありながら、どうしてもこんなにもうまいのか?!

普通の女優さんや俳優さんが声優している以上にうますぎるぞ。

岩崎宏美さんがダンスのシーンの歌にもうっとり。

美女と野獣は、吹き替え版でも大満足。

美女と野獣 映画 歌は?

ディズニー映画といえば、歌。挿入歌は以下の通り。

アリア (Aria)
朝の風景 (Belle)
時は永遠に(ミュージックボックス・バージョン) (How does a Moment Last Forever (Music Box))
朝の風景(リプライズ) (Belle (Reprise))
強いぞ、ガストン (Gaston)
ひとりぼっちの晩餐会 (Be Our Guest)
デイズ・イン・ザ・サン~日差しをあびて~ (Days in the Sun)
愛の芽生え (Something There)
時は永遠に(モンマルトル・バージョン) (How does a Moment Last Forever (Montmartre))
美女と野獣 (Beauty and the Beast)
ひそかな夢 (Evermore)
夜襲の歌 (The Mob Song)
美女と野獣~フィナーレ~ (Beauty and the Beast (Finale))

最後の歌は、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが、歌ってます。

エンドロールで聞けるのでぜひとも最後まで見るべし。

うっとりと聞いたあとは、野獣が切なく歌っております。これも心にしみる歌なので聞いて欲しい。

 

ミュージカル好きな人は「美女と野獣」は実写版映画が、美女と野獣の醍醐味が味わえる仕上がり。

家飲みもいいけど、たまには映画館で見るのもやっぱりいいなぁ。