映画

愛したって秘密はある 第6話「犯人はあの人!」

愛したって秘密はある

福士蒼汰さん主演の日曜ドラマ「愛したって秘密はある」なんだか盛り上がってきました。

というのもサスペンス感が増してきて、人間関係がさらに複雑に、いい人だと思っていた人には裏の顔があった!
なんて、最初は、ものすごく気軽に見ていたのに、もう今や、正座して見る感じになってきました。

いやーこれ秋元康さん原作なのですが、すごいんですよ。
週を増すごとに福士蒼汰さんがどんどん追い詰められてますよ。

 

愛したって秘密はある

愛したって秘密はある 第6話は?

黎(福士蒼汰)が爽(川口春奈)に渡そうとした婚約指輪は、なぜか埋めたはずの奥森(堀部圭亮)の結婚指輪にすり替わっていた。
結局、指輪を爽に渡すことなく、その場がうやむやになってしまった2人。

一方、爽は、兄の暁人(賀来賢人)が過去のある事件で立花(遠藤憲一)を憎み続けることを心配。
結婚式にはぜひとも参加してほしいと暁人にはいうもののなんだかスッキリしない。

そして、その暁人は、ある政治家の贈収賄疑惑を追っていた。
その疑惑には、晶子(鈴木保奈美)が勤める港北医科大学病院が絡んでいるらしい。

そんな時に、黎と晶子は警察に呼び出され、奥森の車が引き上げられるきっかけとなった「車が崖から落ちた」という通報の音声を聞くことに。
でも、何度聞いても、2人は、聞き覚えのな声だった。

そんな2人の態度がなんだかしっくりこない一ノ瀬刑事。
もう一度この事件について調べ直すことに。

そして、結婚の条件でもある黎の就職。
法律事務所の面接を受けようと意気込む黎。

さらに、2人の結婚を邪魔したい虎太郎(白洲迅)と果凛(吉川愛)も怪しい動きも。

愛したって秘密はある 第6話で犯人がわかる?!

今回の見所は、最後の最後に、爽が、風見(鈴木浩介)と顔を合わせ、

あの人犯人!

と言ったところ。

確かに風見は、爽の名前を聞いて以前ものすごく動揺していたし、黎が紹介したいと言っても仕事を理由に断っていた。
その理由が明らかになるのか?!7話で?!

気になります。

というか、いろんなところでいろんな事件が勃発し始めて自分の中で整理できません。
一つずつの事件がそれぞれ怒っているのか。
それとも、それぞれの事件が関連しているのか。

そろそろ真相を解明してほしいところです。

で、結局また来週見ちゃうんだよなぁ。