サスペンス

セブン 映画が最高の映画にノミネートされる3つの理由

セブン映画

イギリスの映画雑誌「エンパイア」が、読者約5000人から投票で決定した「史上最高の映画100本」を発表しましたが、30位にもランクインしている「セブン」

セブン映画
何万本の映画の中から100位以内にランクインしているってほんとすごい!

しかし、この映画「セブン」は史上最高に後味が悪いバットエンドとしても知られている映画。

バットエンドだとしても映画ファンを虜にしてしまう「セブン」の魅力を今回は3つのポイントで紹介します。

その前にセブンのあらすじから・・・・

セブンだったらU-NEXT31日間無料で体験できます。
U-NEXT公式ボタン
暑い夏はやっぱり涼しい部屋で贅沢な時間!

「セブン」映画のあらすじは?

定年間近の刑事・サマセットと新人のミルズがある事件で呼ばれます。

現場に行くとふたりが殺人事件の現場に急行すると、そこには汚物と食物にまみれた肥満男性の死体と「GLUTTONY(大食)」の文字が残されていた。
ほどなくして、今度は「GREED(強欲)」の文字と共に弁護士の死体が発見される。

そのメッセージを見て、サマセットは、キリスト教における「七つの大罪=憤怒・嫉妬・高慢・肉欲・怠惰・強欲・大食」に基づいて殺人を続けられていることを確信。

その後、サマセットの予言通りその通りに殺人が起こっていきます。

ではさっそく本題に入ります。
どうして最高にバッドエンドなこの映画「セブン」がみんなからの評価が高いのか?

セブン映画の評価が高いわけ① とても精巧に作られている

映画途中でわかる殺人犯。

なのに、実はその殺人犯は、操り人形で、その裏にはあの人がいたんじゃないのか?!という推測ができるぐらいにいろんな想像が膨らませることができる映画「セブン」
(見てない人のために、”あの人”としておきます。)

それはただ単に一つのストーリーを考えて作られたのではなく、いろいろな視点からかなり精巧に作られているのではないかと思います。

こういうふうにも見れるし、別の角度からみるとまた違ったストーリーが浮かび上がる。
なかなかないです。こんな映画。

さらに殺人方法がサイコなのですが、映画では、その殺人シーンは見せてないんです。

見ている人の想像に任せているところも、すごい!

最後の最後とある人の首が箱に入っているというシーンがありますが、実際は見せてないのに、生首を映画の中で見た。という感想が多かったというのも、やられた感があります。(実は私も、首を映画の中で見せていると誤解してた人)

セブンは31日間無料のU-NEXTで見よう!

涼しい部屋で贅沢な時間!

U-NEXT公式ボタン

セブン映画の評価が高いわけ② 演技がすごい!

セブンで、一番の最高潮のてっぺんの醍醐味場面といえば、ブラットピッとの最後の最後のあの表情です。

映画見た後、離れないですよ。あの顔が。

苦しさと、悲しさと、正義感との葛藤。

それを全部出し切ったあの表情は見ているこちらも心を揺さぶられます。

他にも残虐な犯人のあの人のサイコぶりもすごいです。
他の映画ではいいお父さんも演じていますが、このサイコぶりの威力は心奪われます。

物語自体もいいけど、演じている人が同じぐらいレベル高くて、何度見てもあの演技に見入ってしまいます。

セブン映画の評価が高いわけ③ やっぱりかっちょいい!

1995年公開の映画なんですが、今見てもめちゃくちゃかっこいいです。

ブラッド・ピットもかっこよければ、モーガンフリーマンも独特の味があってかっこいいです。

映画自体も色褪せないかっこよさがあります。

極め付けはエンドロール。
(エンドロールまできちんと見てくださいね。)

まさかの逆まき。
ここまでこっているのか〜!と脱帽です。

と3つのポイントにして紹介しましたが、コメディが好きな私でも、セブンの世界の魅力を感じることができて楽しめた映画でした。

持ってたビールを飲むことなく、そのまま持ち続けたまま最後まで映画を見ることができます。

「セブン」映画はU-NEXTですぐに見ることができます。

U-NEXT公式ボタン

ちなみに、映画「セブン」の冒頭ではセブンのビルや、セブンつながりのものがバックに写り込んでいたりします。

隠れミッキーならぬ、隠れセブンを探すのもおもしろそう!
これは酔っ払ってない時の楽しみに・・・