映画

過保護のカホコドラマはイライラする?

過保護のカホコドラマ

過保護のカホコを見ました。
イライラするー!!!という声多かったですね。

あぁ確かに・・・設定がイライラしました。高畑充希さんじゃなかったらもっとイライラしたかも・・・

過保護のカホコドラマ

過保護のカホコ1話をさっそく見ました!

思ったのとちょっと違っていたドラマの設定。

みんなで、カホコのことをちやほやしているのかと思ったら、意外と時任三郎さんが演じるお父さんは冷静だった。

そして、期待以上に竹内涼真さんの役は辛辣だった。

そして、思った以上に、高畑充希さんが演じるカホコはテンポが普通と違っていてものすっごい違和感を感じました。

(黒木瞳さんのお母さん役は予想通りでした。)

過保護のカホコ あらすじは?

小さい頃から、大事に大事に育てられてきたカホコ。

そんなカホコが大学で、出会った画家を目指す青年によってちょっとずつ変わっていきます。

そして、過保護のカホコの1話は、その青年との出会いと、初めてアルバイトをするという回。

今まで仕事をしたこともなかったカホコは、アルバイトを通して、仕事をする意味を自分なりに見つけていくという話です。

過保護のカホコのカホコが純粋すぎる!

何もかも準備されて、温室で育ったカホコは、すくすくと純粋に成長して、就活真っ只中の大学生となりました。

純粋すぎて、人を疑うことも知らないカホコ。

だからこそ、このドラマは成り立ちます。

じゃなかったらツッコミどころ満載だ・・・

そして、その純粋なカホコのスローなテンポを高畑充希さんが演じていますが、あれは高畑充希さんどんぴしゃですね。

嫌味ではない、でも、ちょっとイライラしてしまうカホコを見てあらためて高畑充希さんの演技力の高さを評価。

高畑充希さん自身、もともとサバサバした感じの女優さんで、テンポもノリもいい方なので、なかなかこういうスローな演技をするイメージはなかったけどもすごいな・・・やっぱり。

過保護のカホコのイライラするのは演出か?!

カホコにイライラする声は多いけども、私は演出にイライラしてしまいました。

登場人物をカホコのパパが動物に例えて紹介するのだけども、そういう演出は、必要だったのか?!

とてもわかりやすいけども、見ていて不要な気もしました。

そこが私のイライラポイントだったな・・・

まぁ見ている人の感覚ってみんな違うものです。

これからどんどん成長していく彼女を見てこの夏自分も一緒に成長していきたいと思えたドラマでした。

過保護のカホコの動画をチェック!

前回の話だけであれば、Tver(ティーバー)で見ることができます。

パソコンからであればTver(ティーバー)で検索するとすぐに見れます。(このサービスは日本国内のみのサービスです。)

スマホはアプリをダウンロードすれば見ることができます。

完全無料です。(通信費がかかります。)

でも、一気に見たかったらhulu(フールー)がおすすめ!

過保護のカホコ以外にも水曜10時日テレの面白いドラマがhulu(フールー)では一気に見ることができます。

・ 地味にすごい校閲ガール
・ 東京たられば娘
・ 家を売る

などなど、おもしろいのが一気に見れるのでなかなか放送時間に家にいないという忙しい女子にとってはありがたい。

huluは、2週間の無料お試しキャンペーンがあるので、それをまず利用してみるといいです。
ちょっと贅沢なテレビの時間が楽しめます。