映画

万引き家族 映画 動画

万引き家族

「万引き家族」は、6月9日から映画上映されています。動画サイトで紹介され始めましたらすぐに紹介したいと思います。配信が始まればポイントなどを使って実質無料で見れるものもありますので賢く利用してお得に楽しみたいですね。

ちなみに「万引き家族」の是枝監督監作品が堪能できる動画サイトで一番のおすすめは「U-NEXT」です。

U-NEXTをおすすめする理由は?

[st-kaiwa1]U-NEXTは、新規登録すると31日間じっくりお試しできるだけでなく、600ポイントもらえるのでそのポイントを使って新規映画を実質無料で見ることができてとてもお得です![/st-kaiwa1]

「U-NEXT」の特徴

31日間は無料で動画だけでなく雑誌や漫画が楽しめます。
・お試し登録すると自動的に600ポイントもらうことができます。
・その600ポイントを使って、新作映画を実質無料で見ることができます。
・ポイントは映画館のチケットにも交換することができます。
・ダウンロード機能があるので、ネット環境がなくても見ることができます。
・1契約で、デバイス別に、同時に違う動画を4楽しむことができます。

>>詳細は、U-NEXTの公式サイトでチェック

[st-kaiwa1]私もお試ししてみて充実した動画数に驚きました!何十冊もの雑誌を読めるのも嬉しいですね。[/st-kaiwa1]

ネットに落ちている無料動画には注意!

海外のサーバーを介してネットにはたくさんの日本の動画が落ちています。

実際「万引き家族」ももしかしたらネットに無料で落ちているかもしれません。

実は私も以前無料動画を見ていたことがありましたが、いろんなリスクがあることをあとで知りました。そもそもそれ見ること自体も違法なんですよね。(汗)

だからこそ、しっかり安全が確保されている公式の動画サイトをおすすめします。

>> 映画ファンに私が特におすすめしたいのはここ

万引き家族見た後のじわじわ感がすごい

万引き家族

カンヌ国際映画祭で最高賞(パルムドール)を受賞した「万引き家族」

このカンヌ国際映画祭での最高賞受賞は、なんと日本人では21年ぶりの快挙!

さらに、「バベル」や、「ロードオブザリング」など数々の名作に出演していて、審査員でもあるあのケイト・ブラシェットが絶賛したのも有名ですね。

そんな万引き家族は、まさに是枝監督の世界観がどっぷりつかれる映画です。

[st-kaiwa5]「海街diary」や、「そして父になる」と比べるといろんなところで刺激が強かったです。[/st-kaiwa5]

万引き家族 あらすじ

高層マンションの谷間に取り残された平屋には、父の治、母の信代、彼女の妹の亜紀、息子の祥太、祖母の初枝が暮らしていて、近所のスーパーでいつも通り祥太と治が万引きした帰りに母親に部屋から追い出されて寒さに震えているゆりがベランダに一人いた。

寒さにふるえているゆりを見かねた治はそのままゆりを家まで連れて帰る。さらに、ゆりの体が傷だらけであることを心配した信代は、彼女を娘として育てることにする。

ただ、ある事件がきっかけになり、家族はバラバラに引き裂かれてそれぞれが抱える秘密が明らかになっていく。

万引き家族 キャスト

父・治:リリー・フランキー

ようようはないけども情のが深い優しいお父さん。工事現場で日雇いバイトをしているけども足りない生活用品は万引きでまかなっている。

前作の「そして父になる」でもそうでしたが、どこかだめなお父さん役がとてもしっくりきています。だめだめなんだけど、憎めない。さすがです。

母・信代:安藤サクラ

36歳。ゆりの境遇を見かねて娘として育てる。クリーニング点でパートをしていたが、ある問題が起きてクビになってしまう。

ケイトブランシェットさんも絶賛していた安藤サクラさんの泣きの演技に泣かされました。

下着姿でそうめんを食べている姿も、パートで愚痴る姿も、治とからみあう姿もまさに”信代”。そこには安藤サクラさんはおらず”信代”がいました。この女優さん本当にすごい!

信代の妹・亜紀:松岡茉優

21歳。JK見学店でバイトをしている。事件がきっかけで、常連4番さんと心を通わせ始める。

下着シーンなどもありまたこの人新しい世界を広げたな…と今までにない役に驚かされました。それがとても自然で違和感がなかったことがさらに驚きました。

祖母・初枝:樹木希林

78歳。一家がクラス家の持ち主。唯一の定収入である年金受給者として家族には頼られている存在。

普段の樹木希林さんはとても若々しく強いイメージがあったのですが、入れ歯をとっての演技は典型的な優しいおばあちゃんのイメージそのまま。それがまた余計に切なく感じさせられました。

ゆり:佐々木みゆ

近所の団地に住んでいたけど、児童虐待を受けていたところを治に拾われて家族の一員になる。

「台本をみせない」という是枝流の演出で自然体の芝居と表情を引き出しされていました。

息子・祥太:城桧吏(じょうかいり)

11歳。小学校に通わず治に万引きのテクニックを教えられて治と二人で万引きを繰り返す。

まさにリリーさん演じる治と本当の親子のような演技に見入りました。また妹を思う優しいお兄さん的存在にちょっと頼もしさを感じ、さらに映画の中で環境が変わってもそれになんとか適応し成長しようとする姿になんとも言えない気持ちになりました。

万引き家族 映画 内容

万引きという行為自体はとても褒められたものではないけども、苦しい生活の中でも笑顔を絶やさず日々を一生懸命生きているこの家族を見ていると改めて家族っていいな…と羨ましく思えた内容ではありましたが、それ以上に家族ってなんだ?!私が求めている家族って?お父さんとは?お母さんとは??とものがすごく考えさせられる映画でした。

物語自体に引き込まれてここまで感じれたのも、役者さんの素晴らしい演技があってです。

どの役者さんもものすごく自然で、本当の家族のドキュメンタリーを見ているかのようだった。

そして最後の最後の子供たちの眼差しにさらに深く改めて「家族ってなんだ?!」と考えさせられました。

この映画見ている時ももやもやしますが、見終わってからもじわじわきます。

万引き家族 感想

万引き家族 動画

まだ絶賛公開中ですが、冒頭でも書いたようにオンデマンドで見れるようになった時はこちらでも紹介したいと思っています。ぜひぜひ映画館でみてみてください!